飲食店 | KURAGE online

飲食店 | KURAGE online

「 声 」 の情報 

「休業補償して」飲食店は悲鳴 緊急事態宣言発令の広島・岡山

仕方ない」「気を引き締めたい」。新型コロナウイルス感染拡大で緊急事態宣言が発令された岡山、広島両県の市民からは16日、さまざまな声が

まん延防止解除も仙台で時短要請継続 飲食店

飲食店関係者からは繁華街自体の存続を危ぶむ声も聞かれます。 青葉区国分町で48年続くスナックです。店主の大友愛子さんは、時短要請の継続に肩を

〈新型コロナ〉「いつまで繰り返すのか」飲食店、不安と焦燥 佐賀県が2度目の営業時間短縮要請

身代を削るようにして営んできた飲食店宿泊施設の関係者からは、先を見通せない不安と焦燥を募らせる声がもれた。 佐賀市大財のラウンジ「

福岡県の時短要請、全県に拡大 「なぜ一律なのか」飲食店悲痛

飲食店への営業時間短縮要請が福岡県内全域に拡大した6日、飲食店側からは悲痛な声が漏れた。一部では要請に応じず、営業を継続する店も。県に

山形市の宣言解除から1週間

繁華街の飲食店は依然、我慢の経営が続く一方で、観光地の旅館にはが戻り始めているとの声も聞かれた。 山形市の佐藤孝弘市長は、2日に行われ

酒類自粛、宣言地域外でも 飲食店「かき入れ時なのに」

飲食店からは「かき入れ時なのに」と不満の声も上がっており、行政側には丁寧な説明が求められる。 3県には宣言に次ぐ「まん延防止等重点措置」が

再び試練…時短要請に飲食店は不安の声【熊本】

29日から熊本市中心部の飲食店で営業時間短縮が始まるが、対象となる店からは不安の声が上がった。午後9時から午前8時まで営業する「

“売り上げは10%”酒の提供禁止で飲食店から悲鳴

緊急事態宣言が出された東京では飲食店で酒の提供ができなくなります。店からは「借金しないといけないくらい追い込まれた」と悲痛な声が上がっ

まん延防止、さいたま・川口市で適用 飲食店「つらい」

飲食店への度重なる要請について対象地域の店舗からは、これまで求められてきた時短営業を真面目に守ってきた店ほどつらいとの声が漏れる。 両市に

解除1か月で“再”要請 飲食店「また同じことを繰り返すのはつらい」

先月22日に時短営業要請が解除されてから、わずか1か月で再び要請ということになりました。福岡市内の飲食店などからは、影響を懸念する声が

Copyright© 飲食店 | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.