飲食店 | KURAGE online

飲食店 | KURAGE online

「 緊急事態宣言 」 の情報 

我慢の“再延長”…飲食店の新たな一手とは

緊急事態宣言が延長された東京都内で8日、新たに116感染が確認されました。1都3県ではガマンの2週間が続く中、飲食店などでは早くも

飲食店の支援求める意見書を可決】今日の県議会本会議で「緊急事態宣言の影響を受ける飲食店 ...

・緊急事態宣言の時短要請が地方にも影響している・島根県のような感染が抑えられている地域内においても飲食店の利用を控える傾向が非常に強く

飲食店取引先への一時金、申請受け付け開始

経済産業省は8日、新型コロナウイルスの緊急事態宣言の再発令で打撃を受けた飲食店の取引先などを支援する一時金の申請受け付けを始めた。

菅義偉首相が緊急事態宣言を再延長 飲食店への支援がやっぱりダメな3つの理由

緊急事態宣言において、飲食店に関する最も大きな課題は協力金です。昨年4月7日に最初の緊急事態宣言が発令されてから既に1年が経過しているにも

神楽坂「むらむすび」営業再開見通せず 東成瀬村アンテナ店

村の食材を使った居酒屋であるとともに、村のPR活動や移住定住に関するあっせんの窓口にもなっていた。1月に4都県への緊急事態宣言が発令され

飲食店に寄せられた客からのイヤミ 店主の『メッセージ』に、心がえぐられる

政府は、緊急事態宣言が発令されている地域の飲食店に対して営業時間の短縮を要請。それに従った場合は、対象の店に『協力金』を支払うことで

埼玉県知事「この2週間重要」 緊急事態延長 時短協力金は継続

新型コロナウイルスの緊急事態宣言が21日まで延長されることが5日、正式に決定した。埼玉県は同日夜、対策本部会議を開き、県内の飲食店など

「稼ぎ時なのに」飲食店ため息 宣言延長、効果懐疑も

緊急事態宣言が再延長される首都圏の4都県では5日、解除を期待していた飲食店関係者らから「経費ばかりかさむ」「稼ぎ時なのに」と嘆きが漏れ

“宣言延長”飲食店の受け止めは

居酒屋チェーンの「つぼ八」は緊急事態宣言を受けて、ことし1月以降、東京と神奈川の直営店で休業や営業時間の短縮を行っています。 このうち、

カラオケ業界もコロナ直撃。緊急事態宣言下でとった『カラオケ館』の秘策が話題

緊急事態宣言が発令された地域の店舗について、平日は最初の2時間、土日 ... 実際、全国カラオケ事業者協会によれば、カラオケができる飲食店

Copyright© 飲食店 | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.